サイクロン集塵機でゴミを袋にためるには?

サイクリーパーでペール缶にゴミ袋を被せて使用できますかというお問い合わせを頂きました。

結論としては、サイクリーパーではゴミ袋を設置して利用することはできません。

サイクロン集塵機には大きく分けて、正圧式負圧式の2種類があります。
このうち、ゴミ袋にゴミを貯めることが出来るのは正圧式だけです。

正圧式サイクロン集塵機の例

負圧式サイクロン集塵機の例

正圧式と負圧式の違い

これについては、エンジン(吸引装置)の位置の違いになります。サイクロン装置に、ゴミを「送り込んで分離する」のか「吸い込んで分離する」のかの違いです。

エンジンがサイクロンの手前についていると、ゴミが貯まる集塵部は空気が送り込まれる形になるので正圧になります。なのでゴミ袋が縮むことはありません。

一方で、サイクロンよりも奥にエンジンが付いていると、ゴミが貯まる集塵部は空気が吸われる形になるので負圧になります。こうなるとゴミ袋を設置しても吸われて詰まってしまったり、変形してしまってサイクロンで正常にゴミが分離されません。

正圧式と負圧式の性能と価格差

サイクロンの分離性能としては、正圧式も負圧式も変わりません。
ゴミを捨てる際の手軽さでは、正圧式の方がワンタッチでできるので便利です。

一方、価格帯としては正圧式の方が高くなります。これは構造上エンジンの中を吸い込んだゴミを通っていくことになるので、それに対応するエンジンが高価になってしまうためです。

正圧式と負圧式の適した用途

一般的に、価格と構造から
・正圧式は大規模な工業用途
・負圧式は個人や小規模な事業用途
で使われることが多いです。

これは
・正圧式は価格帯が高いこと
・正圧式は大型になりがちな一方、負圧式は小型で取り回しが良いこと
・負圧式は掃除機や集塵機と接続するだけで使えるので手軽なこと
が理由として挙げられます。